最新コメント

甲冑をつくる

カテゴリ

プロフィール

Mitsukage

Author:Mitsukage
名前◆ 光景(Mitsukage)
出身◆ 越後国(新潟)
年齢◆ 40歳
職業◆ へっぽこ甲冑師


光景(Mitsukage)っていうハンドルネーム、実は我が子の実名です。
武士っぽい名前を画数からなにから本気で考えました。







ほら、縦書きにすると左右対称です♪
すげーかっちょえー名前です♪
名に恥じず、とーってもわんぱくです♪
いつか本物の甲冑を着せてあげたいですねー♪

↓のリンクから“製作ブログ”にどうぞ♪

最新トラックバック

リンク

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難(なん)。

2012.01.02 10:28|日々‥憂ふ
質問です。

難の無い人生は“無難”な人生。
難の有る人生は“有難い”人生。

あなたはどっちがいいですか?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル:趣味・実用

コメント:

伊左大夫さん≫

平坦な道を歩む。<br><br>
なかなか難しいですね^^;<br>
でも、難があるからこそ、それを乗り越えた時に笑いが生まれ、人としてひと皮剥けますね。<br><br>

有難や有難やーってとこでしょうか^^<br><br>

政宗公の漢詩、お詳しいですね。<br>
勉強になります、ってゆーか、いい事言うなー政宗♪<br><br>
コメントありがとうございます♪

明けましておめでとうございます!!

無難な人生を願いつつも、”有難い”人生に一票ってところですかね^^;

難が有ることで、振り返ったとき、そこにストーリーやエピソード、ドラマが生まれますし、人生に厚みというか豊かさや深みみたいなものが生まれますからね^^

とはいえ、今日一日は無難に暮らしたい。

・・・欲張りですね^^;

まさに、政宗公の漢詩「酔余口号」の一節、

『殘軀天所赦 不樂是如何』

(どうにかこうにか生き長らえたこの身も天が赦してくれたものだろうから、楽しまないでどうしようか。大いに楽しもうではないか)

ってとこでしょうか・・・

甲冑も残り6号、2ヶ月あまりとなりましたが、今年もよろしくお願いします!!

雪蜜さん≫

明けましておめでとうございます。
昨年中は色々とありがとうございました。

まずはPCがお元気そうでなによりです♪

“難”はあったほうがいいですね。
それまでなかったものを引き寄せる力があります。

たとえば、去年の記事の日帰り温泉での出来事。
なにもなきゃーただ、保養施設の客と客だけの関係が、あのこと(難)があったお陰で俺とその僕ちゃんは何かこう、絆みたいなものが芽生えました。

俺のエゴかもしれないですけどね^^;

僕ちゃんが大人になって昔の事(日帰り温泉)を思い出した時、ひとつにリンクされる。
そんな、時間を越えて解りあえる感じ‥なんだか素敵だと思いませんか^^

今年も宜しくお願いします。
コメントありがとうございます♪

出遅れましたが、本年もよろしくお願いします!(^^)

私は有り難い人生がいいです!
黄門様じゃないけれど、人生楽ありゃ苦もあるさ!
平坦な道じゃ面白みがないっす!!
昔話になりますが、小学生の一時期いじめられて自殺を考えたこともありました。
これをやられたら死ぬかもってこともありました。
でも!自分に負けず今まで生きてこられて良かったと思っています。そして、そのいじめも今ではプラスだと思ってます。(処世術みたいなのを覚えたしw)

光景さんはどっちがいいですか?
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。